新人キャバ嬢なら避けて通れないのがヘルプです。
自分の成績に範囲されないため、あまり付きたくないというキャバ嬢も多いですが、手を抜かずしっかりやる事で、たくさんのメリットがあります。

お連れ様を紹介してもらえる

キャバクラに来店するお客様は毎回一人とは限りません。
もしもヘルプでついた席がグループ客なら、お連れ様を紹介してもらって場内指名がもらえたり、本指名に繋がったりする事があります。

自分が呼ばれたテーブルがグループ席なら、場内指名をゲットする大チャンスです。
自分の指名以外のお客様でも、ヘルプとして指名される場合もあります。
また、大阪のキャバクラはお店によっては場内指名でもポイントがついて時給アップにつながるため、気を抜かず、積極的に自分をアピールしていきましょう。

退店するキャストからの引継ぎが貰える

大阪のキャバクラは、キャストの入れ替わりが激しいです。
短ければ一ヶ月程度で退店してしまうキャバ嬢も少なくありません。
大体平均すると大阪のキャバクラで働くキャストの在籍期間は一年程度と言われています。
しっかりヘルプをしていると同僚からの信頼を得られるので、退店する際にお客様を引き継げる可能性が高くなります。

最初は自分で指名を取れなくても、しっかり自分のできる仕事を頑張ることで、コツコツとナンバーワンキャバ嬢になったという例は大阪のキャバクラにもあります。
自分のお客さんでなくても大切にしておけば、思いがけないチャンスが舞い込んでくるかもしれません。

自分の接客力が向上する

自分を指名してくれるお客様と違い、ヘルプでつくお客様は他のキャストを指名している方です。
そのため、自分のお客様以上に失礼がないように気を使って接客するのがルールです。

自分に興味がないお客様との会話になるので、お客様を楽しませるにはどうしたらいいか気を使ううちに、自分の接客力が向上します。
キャバ嬢としての実力をアップさせるためにもたまには他のキャバ嬢のお客様につくというのも大切な勉強です。

他のキャストからのフォローが貰えるようになる

普段から他のキャストにきちんと協力していると、自分の指名がかぶってしまったときに、他のキャストからフォローしてもらえるようになります。
キャバ嬢は売り上げを競うライバル同士でもありますが、同じお店で働く仲間でもあります。
場内指名や本指名のお客様が被った時に、お互いに助け合える仲間を作っておくことは大切です。